ソーシャルメディアについてご案内とお願い

ソーシャルメディアについてご案内とお願い

1.
Twitterで発信した情報がすべて静大生協の公式見解ということではありません。組合員のみなさまへの公式な広報はホームページで行います。
2.
Twitterでいただいた質問などについて、返信はお約束いたしかねます。ご了承ください。ご質問、お問合せ、ご要望については、静大生協お問い合わせフォーム( http://www.shizuokaunivcoop.jp/mail/index.html )からお願いします。

Twitterについて

Twitterでフォローいただいた方に対し、静大生協アカウントからのフォローはお約束を致しかねます。ご了承ください。
静大生協組合員にとって有用と判断できるツイートをリツイートすることがあります。それがTwitterのメリットの一つであるからです。内容の判断は以下の想定のもと、運用者が行います。

1. たとえば次のようなツイートを想定しています。
(ア) 静岡大学が主催・共催する行事の告知
(イ) 静岡大学の教職員の方が主催・共催される行事の告知
(ウ) 静岡大学の課外活動登録団体による試合、イベント等の告知

2. ただし、次のような内容のツイートは対象外です。
(ア) 特定の政治的・宗教的・思想的メッセージを含み、それを広めようとするもの
(イ) 誹謗中傷するもの
(ウ) 個人情報にかかわるもの
(エ) 根拠がないと思われるもの
(オ) 営利目的のもの

ソーシャルメディアガイドラインの設定について

静岡大学生活協同組合(以下、静大生協)に携わるすべての関係者が、誤った内容・姿勢で発言をすれば、個人だけでなく静大生協への信頼を損ねる結果になり得ます。
そこでソーシャルメディアの特性を踏まえたガイドラインを以下の通り定めます。

ソーシャルメディアを利用する場合の基本指針

所属する組織や雇用の形態にかかわらず、静大生協の役員、従業員、学生委員会は、関連する法令および所属する部署の行動指針を遵守することはもちろんのこと、以下ソーシャルメディアガイドラインを理解し遵守することとします。

1. 発言における姿勢・責任
静大生協の関係者が、静大生協に所属していることを明記したアカウントを利用する場合には、個人アカウントのプロフィール欄などに投稿する意見や活動が静大生協を代表するものではない旨を明示します。(例:投稿する意見や活動内容は私個人の見解に基づくものであり、所属団体・部門見解を代表するものではありません)
また、たとえ個人での利用においても、投稿した情報が静大生協に影響を与える可能性があることを認識します。
2. インターネットの恒久性を認識する
インターネットへ発信した情報は、不特定多数の利用者がアクセスできること、一度発信した情報は完全に削除することができないこと、また世界中に広がる可能性があることを認識します。
3. 社外秘情報・お客様および取引先情報の公開禁止
守秘義務に従い、機密情報その他社外秘情報を公開しません。組合員やお客様の情報に関し、静大生協と取引があることも含め、許可無く公開しません。個人情報・プライバシーに関する内容を含む発信は控えます。(有名人が来店したこと等もこれに該当する)
4. 第三者の著作権、名誉、肖像権などの権利を尊重すること
第三者の著作権の侵害、誹謗中傷による名誉毀損、その他第三者の権利の侵害に該当する行為を行いません。第三者の発言内容・記事等を引用する際は、その出所および引用部分がわかるように明示します。
5. 誠意ある姿勢
発信した情報が静大生協の評価になることを認識し、他者からのメッセージを受け止める姿勢を持って対応します。万が一、他者を傷つけたり、誤解を生じさせてしまった場合には、誠実に対応し、責任ある行動を意識します。
また、静大生協に対して否定的、中傷的な投稿を目にした場合、個人の判断で反論や議論はせず、必ず担当者まで報告します。
静岡大学生活協同組合
設定 2013年10月1日